一般ユーザーが出来る!!PSP-3000の修理、メンテ方法

はいどーもMです( ´曲`)


今回はPSP-3000の一般ユーザーができる!!
各種ボタンのパーツ交換修理と液晶交換、メンテナンス清掃方法です


+ドライバーと-ドライバーとT2ドライバーがあれば作業可能です!!

それでも
「いや自分はできません!!」
って人は修理依頼にてお願いします
↓↓
PSPの修理依頼について
↑↑



そんなに難しい作業はしてないつもりです
できるだけわかりやすく書いたつもりです、、
わからないことがあればコメントください!”

記事内容
PSP-3000の
○△□×Rボタンのパーツ交換(フレキ交換、ボタンゴムの交換)
十字キーLボタンのパーツ交換(フレキ交換、十字キー裏ゴムの交換)
アナログスティックの交換修理
HOMEバー(select、start、home、+、-、HOME、ロ、♪)の誤作動時の交換修理
液晶画面が割れた時の交換修理



になります
記事途中にフェイス、ボタンの交換もあります!!


それでは続きから作業に入ります!!











(雑誌掲載用記事)
まず今回修理メンテ分解を行う上で必要なものを紹介します!!

・PSP-3000
・+、-ドライバー(いろいろ使います)
T2ドライバー(使わない基盤も存在します今回紹介するPSPでは使わなかったです)
・各種交換用のパーツ
・分解の心得


まず分解の心得から
以下の方法で分解、交換等を行った際になにがあっても責任は負いません
以下の方法はSONYが推薦する方法ではなく個人的に編み出したものです
PSPは内部の作りを見ていくといろいろなPSPがあり
全部が全部以下の方法でできるとは限りませんのでご注意くださいm(__)m
特に海外製のPSP-3000は手順が違うことが多いそうです
今度海外版-3000の全分解も記事にしようと思っています

すべて自己責任←これが心得の大事なとこです

まず今回使うPSPの( バイブラント・ブルー)!!

JpgFile53_20111005002915.jpg
ラディアントレッドもいいけどバイブラントもいい!!
JpgFile54_20111005002915.jpg
ブライトイエローとスピリティッドグリーンって持ってる人少ない、、、
JpgFile55_20111005002915.jpg

まずバッテリーカバー、バッテリーを外します
そうすると上下に2枚のシールがありそのうちの下のシールが封印シール(VOIDシール)といい
このシールをはがすと今後一切そのPSPはSONYの公式修理、保障を受けることができなくなります

はがさないと分解が出来ない仕組みになっています

SONYの条件に了解した人のみシールをはがしましょう
はがすところは写真を参考にネジの部分だけはがします(どちらにしろはがすのでどうはがしても一緒なんですけどね)
JpgFile56_20111005003831.jpg

次に○で囲った部分のネジを+ドライバーで外していきます!
JpgFile57_20111005003831.jpg

JpgFile58_20111005003831.jpg

JpgFile59_20111005003831.jpg


ここから行う作業は、基盤やそのPSPが作られた時期によって作業内容、パーツの形状が若干異なります。
現に今回記事用に分解した-3000と前に分解したRB色の-3000のパーツの形状が違うことがありました

こちらの記事も参考にしながら作業をお願いします
PSP-3000全分解



次に写真の○で囲ったネジを外します
ポイント
このネジは先ほど話したと通り製造時期により、ネジの形状が違います

T2ネジ(星型のネジ)の場合はT2ドライバーという特別なドライバーが必要になります
今回の記事用のPSPは+ネジだったので使用していません。

ネットショップ等で安く売っているので
ネジを確認したら用意しておきましょう!

JpgFile60_20111005003830.jpg

ポイント
取り外したネジはバッテリーカバーの上に並べておくとなくなりにくいです
ちなみにバックプレートを固定している+ネジとT2ネジ(+ネジ)は大きさが違うので覚えておきましょう
JpgFile61_20111005003830.jpg

そうしたらいよいよフェイスを外します
フェイスプレートをバックプレートの間に細い-ドライバーを差し込み隙間を開けて持ち上げます
001_20111005005201.gif

これがフェイスを外した後のPSP-3000です液晶画面がむき出しです
ドライバーや重いもの、尖ったものを落として割らないように注意!!
JpgFile65_20111005005434.jpg

まず最初に
PSP-3000のボタン交換、ボタンゴムが破れ等で破損していた場合の交換修理、フェイスプレートの交換を行います

これがフェイスプレート(ボタン、HOMEボタン付き)です、プラスチック製?ですが結構頑丈!
JpgFile66_20111005005434.jpg

裏っ返すと左側に○△□×ボタン、右側に十字キーがあります
JpgFile67_20111005005434.jpg
十字キーゴム
JpgFile68_20111005005434.jpg
○△□×ボタン
JpgFile69_20111005005434.jpg

固定ゴムを含めボタンを取り外すと
JpgFile70_20111005005434.jpg

下が十字キー固定兼操作伝達ゴムです
長く激しく操作を続けると破れてしまうことがあり、ボタンがつぶれて操作がしにくくなる、操作が利かないなどの症状が現れます
JpgFile71_20111005010347.jpg

分解して破れていたらパーツ交換をしてやりましょう!!
ポイント
最近では海外製コピーパーツが多く安く出回っています
しかしどのパーツもSONY純正品に比べ、操作性や壊れやすさ、パーツ自体の状態がよくないことが多いです
なのでパーツ交換をする際は(特に操作関連のパーツ)は純正品を用意しましょう!!
ヤフーオークション、ネットショップ等で純正部品単体で売っているところもありますので
そういうところで確認の上用意をすることをおすすめします
出来るだけ初期不良交換が可能なショップを選ぶことをお勧めします
JpgFile72_20111005010347.jpg

下が○△□×ボタンです!-3000はゴムがもとからついています-1000とは違いますねー
JpgFile1_20111005010347.jpg


ゴムが切れるというのは↓の写真みたいなやつです
操作しすぎて切れる場合が多いです
JpgFile2_20111005010347.jpg

ちょっとオマケ!
ボタンの色を変えてみます!”!

今回用意したPSP-3000用のボタンです
これをバイブラントブルーに組み込んでみます!!
JpgFile3_20111005010346.jpg
ポイント
フェイスプレートを取り付けるときに注意するのは液晶画面とフェイスの間になにもないか、
下の写真のツメはちゃんと納まっているかなどです
JpgFile4_20111005012926.jpg


作業としては青いボタンの変わりに黒いボタンを取り付けるだけです
そして出来たのが「バイブラント・ブラックブルー」ですV( ̄Д ̄)
JpgFile5_20111005012926.jpg
なかなか落ち着いてていい感じですwww
JpgFile6_20111005012926.jpg



さてここからHOMEバー交換と液晶交換に入ります
作業はまず先ほどのフェイスプレートを外した状態から始めます

ポイント
ここからの作業は先ほどに比べ少し難易度が上がるので
自分でわかりやすいように作業工程の写真や動画を取りながら作業すると組み立てるときに便利です!!

JpgFile65_20111005013724.jpg

まずはHOMEバーの取り外しから!!
このHOMEバーの取り外し作業はPSP-3000の製造時期により作業が若干異なります。
内容としては
HOMEバーがシルバーフレームに+ネジで固定されているPSP-3000と
シルバーフレームに固定されていないPSP-3000が今のところ確認されています
今回の記事用PSPは上の固定されているPSP-3000です

まず写真の○で囲った部分のネジを外します
JpgFile7_20111005013724.jpg


↓がフレーム固定のないPSP-3000
RIMG0288.jpg



□で囲った銀色?灰色っぽいフレームパーツを持ち上げるように抜きあげます
JpgFile8_20111005013724.jpg

JpgFile9_20111005013724.jpg

そうするとHOMEバーの固定されていた部分を開放できます!!!
少しフレームを曲げるようにしてHOMEバーの固定ネジ穴ををフレームの固定ネジ穴の上にもっていきます
JpgFile10_20111005013724.jpg

そのあとに、液晶画面とHOMEバーの隙間(写真参照)の位置に-ドライバーを差し込み、持ち上げます
ポイント
このときHOMEバーはフレキシブルケーブル(ケーブルシール、極薄ケーブル)でメイン基盤とつながっています
無理に引っ張ったりするとフレキシブルケーブル(以下フレキ)が切れてしまいます


フレキは薄く配置場所に困りませんがとても断線しやすいので注意が必要です!!

JpgFile11_20111005013723.jpg

持ち上げ方は下のgifファイルを参考にしてください
002_20111005014859.gif
とてもフレキは切れやすい!!
JpgFile14_20111005015325.jpg

次に液晶画面の取り外しに移ります
写真の位置の液晶画面を固定しているところに-ドライバーを差し込み持ち上げるようにします
ポイント
先ほどのHOMEバーと同じくフレキがしっかりつながっているので作業は慎重に!!

あとは液晶のふちあたりを持って持ちあげましょう!
004_20111005015325.gif
これがメイン基盤とつながっているフレキたちだ!!
JpgFile20_20111005015325.jpg

そのうちの四本(HOMEバー、マイク、液晶画面、液晶のバックライト)を取り外します

ポイント
フレキはフレキバーというパーツで固定されています
なのでフレキバーのところに細い-ドライバーを差し込みバーを持ち上げてやりましょう!

PSPを分解する上でフレキを外す作業はよくあるのでしっかり覚えましょう!!
005_20111005015325.gif


これが取り外した後の液晶画面です!
JpgFile23_20111005015325.jpg
実は液晶画面にも新しいモデルと古いモデルがありあます
今回分解したPSPには古いモデルの液晶画面が積んでありました!
JpgFile24_20111005015325.jpg
これがPSP-3000の液晶画面の比較です
フレキの配線の配置が違います
47618c0f03.jpg

液晶画面が割れている場合は同じ種類の液晶をネットショップ等で用意して、
PSPに組み込みましょう!


続いて一緒に外れたHOMEバー
この水色の部分のフレキははがすことができるので
HOME関連が誤作動を起こすときは新しく用意した交換用のフレキと交換しましょう!!
JpgFile25_20111005020303.jpg

続いて十字キーLボタン、アナログスティック、○△□×ボタンの交換修理方法です
主に取り外し方の紹介になります

液晶画面を取り外した前提で進めます!
JpgFile26_20111005020303.jpg

まずは十字キーLボタンのフレキ交換から
フレキプレートを外す作業に入ります
JpgFile27_20111005074422.jpg

○で囲った部分のネジを外します
JpgFile30_20111005074422.jpg

次に写真の位置のフレキを-ドライバーを使い、フレキバーを持ち上げ外しておきます
006_20111005074422.gif

続いてLボタンのところにあるネジを外します
ここも製造時期によりネジがある場合となくても固定ができる場合があります
今回はネジなしで固定してありました
JpgFile31_20111005074422.jpg

前に分解したPSP-3000にはネジがありました
RIMG0314.jpg

ポイント
ここで必ずやっておくことは本体からメモリースティックを抜き、
メモリースティックを差し込むところの蓋にあたるパーツを外に出しておきましょう!!
JpgFile32_20111005074422.jpg

それからプレートを持ち上げるように外します
このときにLボタンのフレキ部分が両面テープでバックプレートに固定されているので
先にはがしてから、取り外しましょう!


これが取り外した十字キープレートです
JpgFile33_20111005075154.jpg

このパーツも何種類かあり、今回分解した十字キープレートには青いフレキもついています
このフレキはメモリースティックの読み込みランプかと思います(まだ見確認)
前に分解したPSP-3000には青いフレキはついていませんでした
RIMG0322.jpg

今回記事に使ったPSPのフレキが↓
JpgFile34_20111005075154.jpg

十字キーとLボタンの誤作動はこのフレキを交換することで解消することがあります

フレキを用意するときはまずそのPSPがどのフレキを使っているか確認した上で
ヤフオクなりネットショップ等で購入しましょう!


続いてアナログスティックの交換修理です
JpgFile35_20111005075154.jpg

○で囲った部分のネジを外します
十字キープレートを取り外した前提で作業します
JpgFile36_20111005075834.jpg

ネジを外したらアナログスティックから伸びているフレキを取り外します
外し方は上記の方法と同じです
007_20111005075834.gif
これが取り外したPSP-3000のアナログスティック
JpgFile39_20111005075834.jpg
裏面
JpgFile40_20111005075834.jpg

PSP-3000からアナログスティックにフレキが使われるようになりました
この結果ホコリやゴミなどで誤作動を起こすことがとても少なくなりました
導電ゴムも使わないのでフレキを扱えればとても簡単に作業できます

それでもアナログスティックに誤作動がある場合は新品純正のアナログスティックと交換しましょう!


余談
PSP-3000のアナログスティックと3DSのスライドパッドは両方とも組み替えて使えるんですよwww
サイズが違くて組み込むのは大変ですが、フレキの形状と配線の配置が同じらしいです
たぶんMRSが一番最初に発見したのかなwww
youtubeにもうpしました

詳しくはこちらの記事へ
3DSを全分解、アナログスティックとスライドパッド


次に○△□×ボタンのフレキ交換に移ります
まず写真の位置のフレキを取り外します
取り外し方は上記と同じです
ここと
008_20111005080736.gif
ここ
009.gif

フレキを外したら○で囲った部分のネジを取り外します
JpgFile43_20111005080735.jpg

Rボタンのところにも+ネジがあるので外しましょう
今回はありません
JpgFile46_20111005080736.jpg

これが電源基盤というパーツです(電源基盤の詳細は別記事で)
JpgFile47_20111005080735.jpg
JpgFile48_20111005080735.jpg

電源基盤を外したら両面テープで固定されているフレキを取り外します
JpgFile49_20111005081001.jpg

これが取り外した○△□×ボタンRボタンのフレキです
電源が入ったことをメイン基盤に伝える役目もあります
JpgFile50_20111005081001.jpg
JpgFile51_20111005081001.jpg

このパーツを交換することで○△□×ボタンRボタンの誤作動を直すことができる場合があります


今回の修理メンテナンスの記事はここまでです”!

作業お疲れ様でした

PSPの作業工程撮影と記事を書くのにかかった時間8時間半

誰かの役に立てばうれしいです!!


それじゃお疲れ様でした( ^ω^)


キーワード
PSP -3000 3000
4U 分解 修理 メンテナンス
アナログスティック 液晶画面 割れた
[ 2011/10/05 08:13 ] PSP分解+カスタム | TB(0) | CM(12)

≪ iphone4S予約したZE☆ | HOME | 一般ユーザーが出来る!!PSP-1000の修理、メンテナンス方法 ≫

丁寧でわかりやすい
とても細かい解説すごくわかりやすいです。これからも期待しています。
[ 2012/06/23 11:45 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
とても分かりやすかったです
[ 2012/06/26 17:06 ] [ 編集 ]
PSP直せました~!
横線で見づらくて悩んでいたのですが、液晶が問題だったのですね!
ブログや動画のおかげで素人な自分でも直せました!
本当にありがとございましたー(;_;)!
[ 2012/08/04 19:13 ] [ 編集 ]
ボタンのゴムが切れてしまった様で、自分で交換しようか修理に出そうか迷っていましたが、参考させて頂き無事交換する事が出来ました!有難うございます。
[ 2012/08/30 19:36 ] [ 編集 ]
参考にさせてもらいます。ありがとう
[ 2012/10/19 20:22 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/12/22 00:26 ] [ 編集 ]
十字キーを押したときの挙動がおかしくなったので
ここを参考に交換してみます。
[ 2013/02/28 04:06 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/03/18 22:06 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/03/26 09:01 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/08/11 18:42 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/03/16 12:59 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/04 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Powered by Ayapon RSS! オススメ ペニーオークション タバコ通販

トラックバック
この記事のトラックバックURL

PSP分解レポート【リニューアルver】
3DS分解&カスタム
PSVITA分解&カスタム
PSVITA
全分解



About

●挨拶
18.png MRepairShopへようこそ
このブログは主に、
PSPの分解記事やLEDの取り付けなどの
カスタム面が中心のブログです
当管理人がサバゲー好きでもあります!
読者の皆様のお役に立てるブログを常に目指しています!

●プロフィール
『管理人』M
『現在所持ゲームハード』
/PSP たくさん
/PSP go
/PSVITA3G
/PS3旧型 
/PS3新型 
/XBOX360アケ版
/wii
/3DS

●免除事項
S・C・E(株)が推奨する使用法ではないこともあります。
当サイトに記載されている事を実行し、
どんな不利益が生じようとも、
一切の責任を負いません。
MRepairShop エムリペアショップ MRS

アクセス数
管理人MのPHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

カテゴリ+
プラグイン&自作アプリ
PSPでスクリーンショットを撮る 「screenshotbmp」
サイトマップ
フリーエリア
人気アイテム